後遺症の認定

交通事故の後遺症とはどのようなものなのでしょうか?後遺症というのは、事故のすぐ後から強い症状が一定期間生じる急性期症状が治った後でも、神経症状や機能障害などの障害や症状が残った状態を言います。
このような後遺症の状態は、一人ひとりの被害者によってそれぞれ違っています。
しかしながら、個別に被害者全員の損害を算出するのは難しいものです。
そのため、等級を16等級142項目に後遺障害を分類して、公平かつ迅速に処理を行っています。
労働能力喪失率や慰謝料などの後遺障害部分のベースになるものは、等級によって決められており、同じ症状の場合でも、適正に等級が評価されるかどうかによって、損害賠償請求額が非常に違ってきます。

損害賠償請求のベースになる後遺症の等級は、賠償を適正に受けるために等級認定を適正に受けることが必要です。
では、後遺症の等級認定を受けるためには、どのようにすればいいのでしょうか?後遺症の等級認定を受ける場合の手続きの方法としては、2通りあります。
方法としては、被害者請求という直接自賠責保険に請求するものと、事前認定という治療費を一括で支払う流れの中で任意保険の会社が行うものがあります。
任意保険会社あるいは自賠責保険会社が、損害保険料率算出機構に資料を提出し、後遺症の等級認定を損害保険料率算出機構の判断をベースにして行います。
本サイトでは、後遺症の認定の流れ、後遺症の事前認定、認定してもらう方法、についてご紹介します。




▼外部リンク
後遺障害に関する相談を弁護士に何度でも無料で出来るサイトです=> 後遺障害 弁護士